ダイエット中のダイエット後の肌荒れを防ぐためには?

ダイエットに成功したのはいいけれど、お肌にハリがなくなってて、髪もパサパサ。
そんな経験、皆さんお持ちではありませんか?
キレイになるために痩せたのに、見た目が老けて見えるのでは意味がありません。
ここでは、肌荒れの原因とダイエットの方法をお伝えしますね♪

 

 

● 何故ダイエットで肌荒れが起こるのか

 

間違ったダイエット法を続けていると、身体に必要な栄養が不足してきます。
生命を維持するため、一番影響のない肌や髪から栄養が吸収されていくのです。
必要不可欠な栄養は維持し、脂肪分だけを上手くカットしていく方法が必要となります。

 

 

● ダイエットと女性ホルモンの関係

 

BMI値が一定より少なくなった場合、生理が止まるという話もあります。
極端なダイエット法は危険なのです。
管理人は若い頃、絶食に近い食事療法のみで1ヶ月間で5kg落とし、生理が止まった経験があります。
その時は、肌も髪もカサカサでした…。
特に女性ホルモンと肌は大きく関係しているので、過度なダイエット法は見直した方がよいでしょう。

 

 

● 腸内環境が肌に影響する

 

食べる量が少ないため、ダイエット中は便秘が起こりやすく、腸内環境が悪くなってしまいます。
腸内環境と肌荒れは深く関係しています。

 

 

● ダイエット中は心掛けたい、肌荒れしない食材とは?

 

・ 鶏レバー、人参、カボチャ
βカロテンが肌を丈夫にしてにして潤いを保ちます。

 

・ 赤身の肉、魚、卵
タンパク質から新しい肌が作られます。

 

・ 赤パプリカ、菜の花、ブロッコリー
ご存知ビタミンCが美白を促してくれます。

 

・ 鶏レバー、高野豆腐、ひじき
貧血になってしまっては、お肌に栄養も回りません。
鉄分とビタミンCを同時に摂取して、吸収率を上げましょう。

 

・ 大豆、ゴボウ
食物繊維を多く含みます。
腸活は美肌の元。
積極的に摂取して、排泄を促します。

 

・ 置換えダイエット
栄養素がバランス良く配合されている商品が多いため、手抜きしたい時は置換えダイエットもありでしょう。
ただこれだけでは飽きてしまうため、補助的に活用するのが良いのかも知れませんね。

 

 

● 最後に、心掛けたいこと

 

いかがでしたか?
矢張りバランスの良い食事が肌荒れ撃退の鍵となるようです。
無理なダイエットは避け、上手に自分の体とか付き合って行く事が大切なのかも知れませんね。